お客様アンケート2021夏 完結編!(結果発表 後編)

お客様アンケート

 

こんにちは。ラミーです。
お待たせしました…
過去2度にわたって発表してまいりました夏のアンケートの結果発表も今回いよいよ最終回!追加のアンケートの回答結果の後半を公開いたします!!

追加アンケート2021夏 前半の結果は『結果発表(中編)』をご覧ください。

 

それでは、『お客様アンケート2021夏 結果発表(後編)』です💁
※アンケート結果の無断転載はご遠慮ください。引用をご希望の方はこちらからお問い合わせください。

 

レビューについて

他のお客様のレビューは読んでますか?

 

レビューの確認方法

 

レビューだけの新着RSSリーダーがあればご覧になりますか?

 

お礼記事について

ご自身宛のパスワード制お礼記事を書いてもらったことはありますか?

 

以前のお礼記事と比べて、パスワード制お礼記事の内容などはどうでしたか?感想などを教えてください。

回答(ピックアップ)

  • 文字数に制限が出来たことでちょっぴり寂しい気持ちはありますが、それでもブログを書いてくれることが嬉しいです。
  • 自分宛にお会いした日のことを書いてもらうという、そもそものことは全く変わらず対応頂いています。ありがとうございます。
  • 自分の名前で呼んでくれる事があるので、親近感が湧きました。
  • 自分だけが読める特別感があり、他の方に嫉妬することも減るお客さんもいると思うのでコロナが収束しても続けて欲しい。
  • パスワードで開く瞬間は、秘事の扉を開けるみたいなドキドキがあってよい。
  • とくに変わったかんじはしなかったです。
  • 全体公開時よりストレートな表現や内容にしてくださっている感じがして、手紙をもらったようで嬉しかったです。
  • 字数制限があるため、以前よりもさらりとしているという印象は正直ありました。ただあまり長くてもキャストさんのご負担もありますので、これくらいで良いのかなとも思います。
  • 自分しか読めないが、内容に特別変化はない。せっかくなので変化をつけてくれると嬉しい。

「記事の内容自体には特に変わりはない」という回答が件数としては最も多かったです。
文章量や名前で呼んだり具体的なことを書いたりなどはキャストさんの個性によって様々だと思います。

 

お礼記事の公開と誕生日お祝い記事について

 

 

お客様ご自身への誕生日お祝い記事

 

上記の理由

回答(ピックアップ)

  • 覚えて貰えた事が嬉しいし、何より綴ってくれた言葉が嬉しい。
  • 単純に祝われたら嬉しいから
  • 絶対に書いてとは思わないし、書かなくても良いと思うけど書いてもらえたときは嬉しいです。
  • キャストさんが大変になりそうなのでいいかなと思います。
  • 嬉しいけど、必要ではないと思っています。
  • 実際に書いていただいて嬉しかったからです。お相手して日が経っても自分のことを憶えていてくださったと思うと、またお会いしたいという気持ちが高まります。
  • 書いてくれたら嬉しいけど、どちらでもいいです。直接会っておめでとう言ってもらいたいので予約します。
  • 覚えていてくれるのは嬉しいが、正直キャストさんがどこまで遡って(過去の最終利用)書いたら良いのかを悩ませてしまい負担になりそうなので、なくて大丈夫です。祝って欲しいときには利用者側からメッセージ+をします。(可能であれば、その場合のメッセージ+は誕生日割引とかあったら利用しやすいかもと思います。)
  • 書いて下さることは純粋に嬉しいですが、平等に全てのお客様に書こうとするとキャストさんも大変かと思いました。また、一律書かない方がお客様側の嫉妬とかの問題も起こらないのかなと思いました。
  • ありがたいことに毎年誕生祝いの記事を書いていただいており、とても感謝しておりますし、楽しみにもなっています。手書きのかわいらしいイラストまで必ず添えて下さるのも嬉しいです。 ただ、キャストさんの負担にならないか心配もあります。 また、身バレに繋がるから避けて欲しいとう方もいるかとは思います。
  • 実際に書いてもらった事がありますが、とっても嬉しかったです。 その時は実際に会って直接お祝いしてもらう予定だったので、まさかブログでもお祝いしてもらえるとは思わず、サプライズ感があってとても嬉しかったです。
  • もちろん嬉しいですが、 内容は利用バレにならないような薄い内容に限り嬉しいです。
  • 書く書かないはキャストさんの判断で良いのではないかと思います。 個人的には、誕生日に書いて頂いてもこちらが気づかないと思うので、書いて欲しいという気持ちはないです。 ただ、一人一人のお客さんの誕生日を覚えてしっかりお祝い記事をかくキャストさん、お誕生日の記事は書かないと決めているキャストさん、そういう個性も指名キャストさんを選ぶヒントになるのではないでしょうか? 今後書いてはいけないと決めてしまうのは、今まで誕生日記事を頑張って書いてきたキャストさんの努力が報われない気がして可哀想だなと思います…… (※私自身はそのキャストさんに会ったことはないですので、あくまで想像の範囲です)
  • 誕生日を知っている客全員に記事を書くのは非常に労力がかかりますし、かと言って書く客、書かない客と差がつくのは、書かれなかった客が悲しい思いをすると思うので。全員に書くことができないのであれば、一律書かないほうが、悲しんだり嫉妬したりする客が生まれないかと思います。
  • 個人的にはあればうれしいですが、どのお客さんを対象とするかルールがあった方がよさそうかと思います。利用から1年以内のお客さんが対象とか。
  • 私自身に誕生日を祝う習慣がないから。でも他のお客さんのお祝いブログは楽しく読んでいます。私も普通の家庭に生まれていたら、大好きなキャストさんから誕生日のお祝いしてもらえたら嬉しいと思います。でも無理して続けなくてもいいですし、キャスト、お店に任せます。
  • 一度記事が上がった時は嬉しかったが毎年書いてもらえると期待してしまった。
  • 誕生日お祝い記事は、実際に自分の誕生日にコース利用をした際に当日キャストさんが書いてくれたことがあり、それは嬉しく感じました。
    誕生日お祝い記事を書くキャストさんは、営業努力をしていて熱心にお仕事をされているという印象があり、それもひとつの売りになっていると思います。
    ですが、誕生日お祝い記事を書くことがキャストさんの負担になることであれば無理して書かないで欲しいと思っています。
    顧客情報管理をきっちりされているキャストさんもいらっしゃれば、そうでは無いキャストさんもいらっしゃると思います。誕生日お祝い記事を書きたいというキャストさんと、そうではないキャストさんも両方いらっしゃると思います。それはキャストさんが個々に判断することだと思っています。
    誕生日お祝い記事を書いて頂けること自体はとても嬉しいです。ですが、それよりも通常の利用時のお礼記事を書いて頂けることの方が、個人的には、より嬉しいと感じます。

 

その他

キャストブログの日常記事の確認方法

ことばと気持ち

レズ風俗レズっ娘グループを利用して気づいた(知った)”性について大事なこと”はありましたか?その内容などもお聞かせください。

回答(ピックアップ)

  • 自分のセクシャリティをはっきりと自覚できた。長年の同性が好きかも、でも試してないし、試す人もいないしわからない、という状態から、同性が好き!としっかり思えるようになった!
  • たぶん、性的指向が自認できたと思います。
  • セクシャリティについて。厳密にこれだと定義しなくてもべつにいいんだと思えるようになりました。
  • なんとなく同性と関係を持つことに嫌悪感はないだろうな、と想像していたが、利用してその事実が確認できた
  • 一言でいうと、多様性です。
  • セクシャルに関して多種多様で様々な人、パターンがあるということを知った。
    あてはまるものがない、自分は一体何だろうか、と思っていたが「自分はこういうものだ」と思えるようになった。
    肌と肌との触れ合いに消極的でしたが、気持ち良いということ、幸福感を得られる自分にとって良いことだとわかったこと。
  • 多様な性があって、尊重すべきこと。
  • 今まではタチとかネコとかそういった固定観念があったのですが、そういう固定観念は考えなくても良いということをキャストさんが体を通して教えてくれました。役割など無くお互いを思いやってプレイできれば、本当に気持ちいいんだなと気がつきました。
  • 自分が女性の方が好きだということ。同性とここまでできるということ。
  • これまでセクシュアリティに悩みつつも誰にも相談できず、また目を背けてきました。レズっ娘クラブを利用させていただき、セクシュアリティは決めなければならない訳ではないこと、AVとは全く違うこと、対話が大切なことに気付きました。初めての経験ばかりで、毎回新鮮です。今はAVを観ても痛そう…と気付くことが増えました。
  • 男女に限ったことではないし、男性同士でも女性同士でも、相手を思いやったり、大切にしたり、愛しく感じる気持ちは自然なんだなと思いました。
  • 今まで生理については人前で堂々と話すものではないし、毎月生理が起きる現実を受け入れたくなくて自分から生理について知ろうとしていなかったが、レズっ娘グループを利用し始めてから、生理の知識を正しく持つことは男女関係なく大事なことなのだと気付かされました。
  • 人肌の心地よさ。
  • 人の温もりの大切さ
  • 触れ合うって大事
  • 性的なことは恥ずかしいこと、という先入観を持っていた。性的なこと、気持ち良いことは悪いことでないと教えてもらえた。
  • 性に対して後ろめたい気持ちをもたないこと!
    以前、少し旦那との性行為に関して悩んでたことがありキャストさんに相談させてもらったんですが、深く考え込まないで一緒に楽しむことが大切って言ってもらえてから少し気持ちが楽になりました!
  • 利用前はセックスすることが怖いと感じていましたが、利用していく中で、セックスは気持ちいいことだし、恥ずかしがりすぎたりそなくても大丈夫、と思えるようになりました。
  • 行為中は受け身になってるだけではなく、積極的にして欲しいことなど伝えた方が心も身体も満たされます。
  • その人自身をしること、お互いを知ること
  • 身体的なことよりも精神的な癒しを求めていたとに気付くことができました。
  • 独りよがりにならず2人でその時間を大切にすること。これはビアンコースだけじゃなくてどのコースでもいえることかもしれませんね
  • 当たり前かもしれませんが、相手のことを気遣うこと、思いやりをもって関わることが心身共に充実した体験につながるんだなと分かったような気がします。
  • セックスについて、認識が大きく変わりました。「セックスは男と女がするもの。」「したことがないのはだめなこと。」「女性はされる側。」という考えが大きく変わりました。挿入がすべてではなく、男とか女とか関係なく、お互いのことを思いやることが大切であって、セックスは人それぞれで違っていいんだと気付きました。セーフティーセックスの勉強にもなりました。(ローション、フィンドムとか)
    また、セックスワーカーの方々への認識も変わりました。世間では偏見も多いこと、だめなことをしているお店もあること等、レズっ娘グループに出会わなければ知らなかったことを知ることができました。
  • 性に関わらず、今まではこうあるべき、と思ってることが多くて、それができない人や自分がダメだと思うことが多くて多数派に流されがちでしたが、お店を利用するようになって、自分が本当にどうしたいのかとかを考える余白みたいなものができた気がします。
  • 性に対する認識は利用前とあまり変わらないのですが、女性の性欲の話題がタブー視されがちな世の中が少しずつ変わって行くと良いな、と思います。
  • 肯定されることって本当に大事で、窮屈な恋を無理矢理しなくて良いんだなってすっきりしました。
  • 行為はコミュニケーションになるんだなと感じました。
  • 相手とのコミュニケーションが大切だと再確認しました。相手の気持ちを汲み取ることも大事ですが、誤解のない様しっかり伝える努力も必要だと思います。
  • 性行為は決してネガティブなものではないこと
    性行為は相手とのコミュニケーションであること
    性行為はお互いの同意が何より大切であること
  • セックスのきっかけ(理由?)は男性側の性的欲求や衝動だと思っていました。女性側はそれを拒否するか受け入れるかの2択なんだと。そのためか、性的な視線や意思をもって触れられることがとても苦手でした。でもレズっ娘さんのキャストさんたちは、あくまで利用者ファーストで。大切に大切に扱ってくれるのでハグだけでも充分に満たされるほど気持ちいいです。もちろんそれ以上の行為も、経験したことがないくらい気持ちよくて。性行為において、色んな性感スポットやテクニックなど言われていますが、各々の快楽ではなくお互いの思いやりや信頼が一番気持ちいいと知りました。
  • 性的なことに興味はありましたが、キャストさんとデートしてる時に心が満たされたので「隣にいてくれるだけで幸せ」と思えました。
  • 好きな人とのセックスじゃ無くても気持ち良さや安心感が得られる事に驚きを感じました。ワンナイトの相手とは違うしパートナーとのセックスとも違う感覚です。厳しく選抜され、きちんと研修をされているプロフェッショナルな方々だからなのだろうと感じます。
  • 自分はただ褒められたかった、大切にされたかったんだということ
  • 経験がない事を悲観してはいけない。
  • セックスは人のためや形式的にするものじゃなくてもっと自由なものなんだと気付きました。
  • 女性の性に対してオープンに、そしておおらかに捉えているキャストさんが多く、恥ずかしい事ではないんだなと思いました。
  • ゆうさんのnote記事を読んで、そこまで書くのかと驚きお会いしたみたいと思ったのが最初の利用を決めたきっかけでした。利用前はセックスワークは性的搾取だと考えており、啓発媒体に触れてもなお抵抗がありました。しかし、実際お会いしてみて本当に遅まきながら実感したことは、彼女たちはそこに居て働き、全力でその仕事に取り組んでいる・それを否定などできない、ということでした。むしろ、必要があってこの職業を選択している彼女たちのより安全な労働のために何ができるのかということが最も重要であると考え方が変わりました。
  • 私がお店の利用を通して気づいた”性について大事なこと”は、性も人もそれぞれ、ということです。私はこのお店の利用を通して、それまでずっと自己否定していた自身のセクシュアリティを、少しずつですが、認めることが出来るようになりました。認めるとは言っても、自分でも言葉にすることが難しいような”揺らぎ”のあるセクシュアリティで、未だ変化の途中です。自分の事ですらも一言では説明するのが難しいからこそ、女性とはこう、男性とはこう、と誰かを一言で決めつけることは乱暴だと思うようになりました。性はその人に属する大切な要素・持ち物の一つではありますが、それだけで、その人の全てを説明することは出来ません。一言で言いたくなる気持ち、決めつけたくなる気持ちは、私にもあります。きっとラクしたいんだと思います。ラクして理解しようとしたい。理解した、と思いたい。けれど、性や人を決めつけはじめたら、それは相手のことを本当に理解することを放棄することだと考えるようになりました。性はグラデーションで十人十色だからこそ、人間も、誰一人として同じ人はいない、ユニークな存在なのだと思うようになりました。

当店ウェブサイトにも “レズビアンやバイセクシャルの方に限らず、女性同士のデートや(ホテルでの)プレイに興味のある18歳以上の女性のお客様はどなたでもご利用いただけます。” と記載しておりますが、実際に多様なお客様にご利用いただいていることを嬉しく思います。お客さま達からの回答からも分かるように、ご利用の目的も人それぞれ、十人十色なのが素敵です✨
「経験がない事を悲観してはいけない。」という回答が私は特に好きでした!お客さまの人生にポジティブに関われるよう私も仕事を頑張りたいと思いました🌟ありがとうございます!!

 


 

以上、レズっ娘グループお客様アンケート2021夏 結果発表(後編)でした!
あらためまして、たくさんのご回答本当にありがとうございました。お客さまの声をしっかりと受け止め、より良いお店作りに努めてまいります。
今後ともよろしくお願いいたします。

お客様アンケート

Posted by ラミー