レズ風俗でのお仕事、他店からの移籍……レズっ娘クラブ東京店いずみちゃんインタビュー

ー自己紹介をお願いします

レズっ娘クラブ東京店いずみです。

ー在籍期間を教えてください

約3ヶ月程になります。(※2019年10月時点)

ーそもそも、レズ風俗業界に入ろうとした理由は?

永田カビ先生の「さびしすぎてレズ風俗に行きましたレポ」を読んで、こんな業界があるんだ!と知ったんです。「行ってみたい」という気持ちよりも、直感で「働いてみたい」と思って、入ることに決めました。

ー最初、レズっ娘クラブではないレズ風俗店に面接に行かれたんですよね。それはどういう理由でしたか?

レズっ娘クラブ(大阪本店)の存在は、永田カビ先生の「さびしすぎてレズ風俗に行きましたレポ」で知っていました。すぐに働きたい!と思ったのですが、本業との兼ね合いもあり大阪には行けず……。とりあえず、東京のレズ風俗店で働いてみようと思ったのが理由です。

ーでは、その在籍していた他店さんのことを伺いますね。まずは、そこに在籍した期間を教えてください。

約半年間です。

ー顔出しはされていましたか?

はい、しておりました。

ーSNSのアカウントは利用していましたか?もし利用していた場合、お客様とのやりとりは任されていましたか?

はい、利用していました。アカウント管理については、ほぼ全てと言っていいほど任されていて、お店側のバックアップは何もありませんでした。当時はTwitterをはじめ、ツイキャスもしていました。わたしは2〜3日に一度、2〜3時間くらいの頻度でした。でも、毎日しているキャストもいましたね。

ー個人でのやりとりや顔出しは予約に繋がっていましたか?

個人でのやりとりがあってこその予約という感じだったので、ある意味予約に繋がっていたと思います。

ー具体的に、どれくらいの割合で予約につながりましたか?

「いいね」が100ついたとして、ご予約は1あるか無いかでした。

ーその「いいね」って、普段からそのくらいついていたのでしょうか?もし「いいね」獲得の努力をしていたのであれば、現状のブログ更新と比べてどちらが合っていると思いますか?

ツイートすると30〜50くらいの「いいね」がつきました。「いいね」がつくように積極的に、顔の下半分の写真や少しエロを意識した写真をアップしていて、四六時中SNSのことを考えて心身ともに疲れていました。今のブログ更新の方がはるかに気持ちが楽です。

ーでは、次の質問に……定期検査はされてましたか?

いいえ。していませんでしたし、お店側から言われたのは入社当初だけでした。「行ってね〜、提携先だと値引きあるよ〜」くらいの感じでした。

ー言われた時は検査しましたか?また、その費用はどちらが負担しましたか?

検査はしましたが、自費でした。

ーそのお店の良かったところもお聞かせください。

キャストの人数がびっくりするほど多く、事務所に行けばたくさんのキャストさんがいて、ワイワイと楽しい雰囲気がありました。その点は楽しかったです。

ーでは次に……ちょっと下世話な話ですが……月、どれくらいの本数(もしくはざっくりの月収)入っていましたか?

1週間に1本入ればかなり良いほうで……月で言うと、1ヶ月に2〜3本でした。

今、レズっ娘ではどのくらいのペースでお仕事入っているのでしょうか?

週に2〜5本くらいです。なので、単純に4倍くらいになっています。

ー現在のお仕事ペースの話題があがったところで、レズっ娘クラブで働くきっかけや現在のお仕事についてお聞かせください。同業種他店に在籍することに不安はありませんでしたか?たとえば「また同じようなことになるかもしれない」とか……。

正直、初めは思いました。ですが、キャストさんたちのブログやサイト、インタビュー記事を読んでルールがしっかりしているお店なんだな、と感じて不安はなくなりました。

ーその後どうしてレズっ娘クラブに移籍しようと思ったのでしょうか?経緯や決め手を教えてください

先ほども少し触れましたが、元々、前のお店で働こうと思ったきっかけが永田カビ先生の「さびしすぎてレズ風俗に行きましたレポ」を読んだことでした。働いてみたいけど、お店は大阪で……。でも今年、レズっ娘クラブに東京店がオープンすると知り、これは絶対にレズっ娘クラブで働きたい!と思い移籍を決意しました。

ーレズっ娘クラブの第一印象を教えてください。

全てにおいて、シッカリ!としたお店だなぁと思っています。

ー特にここが気に入ってる、とかありますか?

家族のようなアットホームなところ……というと逆に怪しまれそうですが(笑)楽しんで働けるのが一番と思っているので、今それが叶っているのでとても楽しいです。

ー御坊さんの印象とかはどうでしょう。

初めてお会いした時は、金髪で関西弁のお兄さんで、ちょっと……こ…怖い……と思ってしまいました(笑)お話していくうちに、すごく面白くていつも笑顔で、常にキャストのことを考えてくれている、とても優しい人だなって。さすが、10年以上このお仕事をしているだけあって、すごい!と思う瞬間がよくあります。悩みを相談したときも、親身に聞いてくださり、一緒に考えてくださいます。

ー事務所内の雰囲気とかは?

事務所はみなさんとてもフレンドリーで。キャストとスタッフがみんな家族の様な雰囲気です。

ーお客様の雰囲気とか、仕事のしやすさの面ではどうでしょうか。

お客様も優しい方ばかりです。お店のHPをしっかり読んでくださっているので、意思や認識の相違がなく、お互い楽しい時間を過ごす事ができているのではないかと思います。サポート体制がしっかりとあるので、スタッフさんがキャスト一人一人を大事にし親身になって考えてくれるのでとても働きやすいです。

ー実際に働きはじめて、当店のルールやシステムについてどう思いましたか?

前のお店はルールや講習などがなく不安が多かったのですが、レズっ娘クラブはしっかりとルールや講習もあって、サポートがとてもしっかりしていました。

ーお客様層は、前のお店とレズっ娘クラブで変わったりしましたか?

前のお店では、主な客層自体が10〜20代の方が多かったです。レズっ娘クラブでは20代以上の方が多いです。前のお店ではほとんどの人がSNSでお店のことを知った、という方でした。SNSを頻繁に使う年齢の方が多かったのだと思います。

ーいずみちゃんの今後の目標をお聞かせください。

私に会いに来てくださるお客様、ひとりひとりを大切にして、友好な関係を築き上げていきたいです。そして大阪店、ティアラのように長い歴史に携わり、レズ風俗業界を盛り上げていきたいです。

ー最後に、いずみちゃんと同じように他店でキャストをして悩んでいる女性や、これからキャストになりたいと思っている女性に、アドバイスがあればお願いします。

他店でキャストをして悩んでいる方へ

私が他店で働いていた時、全然仕事が入らず、お店は何もフォローしてくれないので、Twitterを駆使してお客様を呼ばなければ……と思っていました。

ツイートをして「いいね」がたくさんついても予約には繋がらない、でも他の人は予約が

入っている状況に焦り「自分は何が悪いんだろう?」「なんてツイートしたら予約が入るんだろう?」という悪循環に陥っていました。

「自分に魅力がないのかな?」「他店に移っても予約は入らないかもしれないな」と思っていましたが、レズっ娘クラブに入って、概念が変わりました。

レズっ娘クラブのスタッフさんは、私達キャストのことを常に考えてくださって、こうした方がいいかもしれない、こういうのはどうでしょう?と提案もしてくださいます。ルールがしっかりしているお店で、曖昧な点がないので安心して働く事ができます。

今働いているお店のココがダメ、自分がちゃんとしていれば大丈夫と考えているあなた。

そんなことないですよ。お店がダメな時点で、ダメなんだと私はレズっ娘クラブに入って気づき、視野が広がりました。今、他店で頑張っているあなた。その頑張りをレズっ娘クラブで活かしてみませんか?

キャストになりたいと思っている方へ

体型にコンプレックスがあるから、経験が少ないから、お話をするのが苦手だから。だからできないと思っている方もいらっしゃると思います。確かに、レズ風俗のお仕事は大変じゃないと言えば嘘になってしまいますが、お客様が求めているものは人それぞれ、性格も人それぞれなので必ずあなたを必要としてくれる人はいます。だから大丈夫です。そして、レズ風俗のお仕事は本職や人間関係の付き合いにも活かすことができるので成長に繋がります。一緒にレズっ娘クラブで頑張ってみませんか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加